ブログトップ

他山の石

bossyk.exblog.jp

説教部屋へようこそ

<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

震災から、もう一年が経ちます。
今まで報道されていなかった映像や真実を、最近 見聞きします。
本当の悲惨な状態や今も何も変わらない被災地が、たくさんある事が解ってきました。

最愛の家族を失った人たち 仕事や会社を失った人たち 家や土地を失った人たち
その全てを失った人たちが、たくさんいらっしゃいます。
しかし、それでも希望を捨てず皆さん懸命にがんばっておられます。
どれだけ辛いか、想像を絶するものであります。
自分が同じように出来るかどうか、わかりません。

しかし、私たちのように被災を免れた者たちが被災者やこの日本を支えて
いかなければ、誰がやるのでしょう。今 がんばらずに何時がんばるのでしょうか?

それなのに、甘えた人間が山ほどいます。
被災地の方々に対し、恥ずかしくないのでしょうか。
就職氷河期なんていいますが、昔から自分のしたい仕事や入りたい会社に就けないなんて
当たり前にあった話で、頭はいいのに家が貧乏で学校さえ行かせてもらえない子どもも
たくさんいたし、差別されて仕事がない人たちもたくさんいました。

今の子たちは、「自分にあった会社」とか「自分にあった仕事」「自分にあった上司」
なんて望んでいるようですが、そんなもの全てがそろう会社なんてあるはずもなく
自らの努力において「自分にあったもの」にするのではないでしょうか。

そして、せっかく就職しても2,3年でヘタをすれば1年もしない内に
「心が折れた」
なんて、すぐにあきらめてしまう若者が増えています。
親が甘いから、そんな事になってしまうのを本当は皆わかっているはずです。
私は心に骨はないと想っています。

就職しようとも命さえうばわれ、生きたくても人生を終わるしかなかった子どもたちが
たくさんいたのです。一生懸命働いて子どもを立派に育てようとしていたのに、
亡くなられた人たちもいっぱいおられたのです。

今が、命ある日本人の頑張りどころではないでしょうか。
「心をひとつに」 負けへんで!ニッポン
[PR]
by bossyamauchi | 2012-03-05 18:25