ブログトップ

他山の石

bossyk.exblog.jp

説教部屋へようこそ

12月に入り急に寒くなりました。
寒くなると暖房ですが、思い出す事がたくさんあります。
私たちが小学校の低学年の頃はまだ石炭ストーブでした。日直が毎日バケツで取りに行きます。
それがなぜか、うれしくてしかたなかったのを思い出します。あの頃の冬場の学校は今よりか不便かしりませんが、
いい事もたくさんありました。給食の時先生がパンを焼いてくれたり、正月明けには餅を焼いてくれたりで、
楽しい思い出がいっぱいあります。懐かしいなあー
 
ある冬の寒い日、公園で遊んでいたら誰が言い出したか覚えていませんが、焼き芋が食べたいと
いう事になりました。しかし、石焼き芋はけっこう高いので自分たちで焼くことに・・・
やめときゃいいのに・・・
誰も止める者もなく、そくざに段取り、こずかいを出し合い八百屋に走る係りと
マッチを家に取りに帰る係りと、公園で枯れ葉を集める係りに分かれ準備する悪ガキたち

そんなにうまく行くはずもなく、枯れ葉だけが燃え尽き近所のおばさんに見つかり大目玉!
学校にも、ばれて大目玉 家でも当然「大大大目玉」撃沈する悪ガキたちであったのだ!

昔の子どもたちは、近所のおばさんやおじさんに怒られ、学校でも怒られ
当然家でも怒られ、年上にも怒られ、怒られっぱなしでありました。
しかし、悪いことをすれば怒られるのが当たり前だと自分たちで理解していたと思います。

今、社会で問題になっている一つとして若い社員が、注意されたり怒られたりするだけで
会社を辞めてしまうという事があります。日本の民間の会社は、現在の長引く不景気で
皆ギリギリの人員で踏ん張っておりますので、急に辞められると業務に支障が生じます。
ですので、若い社員を怒れないという現実があり社員教育に大きな問題となっております。

背景には、やはり子どもの時の教育に問題があると言わざるを得ないと考えます。
日本は、今一度原点に帰り再び、親である大人も含め教育についてやり直すべきです!

子どもたちの未来のためにも、日本の国家の行末のためにも。
[PR]
# by bossyamauchi | 2011-12-06 17:47
公私共に忙しく、なかなかブログ更新できません。
小学校編は時間が、かかりますので次回とさせて頂きます。

私に設計依頼して下さるお客様は、一般の住宅建築主はもちろんですが
旅館、ホテル、イタリアン、フレンチ、アパレルなど商業施設も多く依頼して
頂いております。あと、陶芸家の方々にもアトリエや自宅の設計施工を
たくさん、させて頂いております。

そんな関係で、もみじまつりのご案内させてもらいます。
もみじまつりとは、東福寺の周辺で行われる京焼き、清水焼のイベントです。
11月19日より27日まで開催されております。
期間中は、市価の3割から7割引きの破格で一流の陶器が手に入るチャンスです!

有名な窯元の陶芸家の作品も多く販売されるようなので、ぜひ!足を運んでください。
個人的には平安陶花園の作品を特におすすめ致します。
[PR]
# by bossyamauchi | 2011-11-16 18:45
小学校に入学して間もない頃、身体測定がありました。
今はどうかわかりませんが、その頃は高学年以外は皆 パンツ一丁で保健室まで
裸の行進でございました。

先生は子どもたちに、ふざけないように注意されておりました。
ですが、私ともう一人の悪ガキは案の定「こちょこちょ」やら「いんけつ」やら・・・
先生の怒りの鉄拳を頂き、二人は廊下に立たされる事に!?

そうなんです!パンツ一丁のままなんです。
皆に笑われるわ 姉に見つかるわで、家でも大目玉をくらい散散な目に。

先生は裸で暴れたりしていると大ケガにもつながるし、周りの人の迷惑にも
なるので、しっかり注意してくれていたのに・・・全て私たちが悪い!

しかし、今のバカ親たちなら大問題にしてるかも?まぁ、今の先生もそこまで
叱ってくれるタフな人は少ないと思いますが。
ある学校で、実際にあった話らしいが「うちの子が担任の先生を怖がって
学校に行くのを嫌がっているのです、ですから先生を辞めさせて下さい」と、
世も末です。

将来、その親たちは就職した子どもの上司にも同じように「辞めて下さい」と
言いに行くのでしょうか?恐ろしいとしか言えません。

笑いながら怒れるのは竹中直人ぐらいで、普通は怖いものです。
悪い事すれば怒られるのです。皆で協力して、やらないといけない事が出来ないと
叱られるのです。個性 個性と言いますが、まず人としてどうかではないでしょうか?
人は一人では生きていけません、共同一致の融和心が必要なのです。

子どもたちは、これからあらゆる困難と出くわすはずです。
それを親が全て、排除できるはずもなく子どもたちは自分の力で
乗り越えて行かないといけません。社会に出る前が、その練習期間ではないでしょうか。
[PR]
# by bossyamauchi | 2011-10-03 10:54
いよいよ、小学校編に入ろうかと思います。
ですが、よく考えると小学校編の次が問題で、中学・高校は書けない事だらけ・・・?

まあ、そんな事はおいといて小学校に入学して間もない頃、友達のお誕生日会に
呼んでもらいました。その当時は、わりとそうゆうのが流行っていて、お金持ちの
家の子は、盛んにやってました。ちなみに私の家はそんな事やるはずもなく
初めての経験でありました。ですが、幸い姉がよくそういう会に呼ばれていたので
だいたいの内容は判っていました。

当日、なぜか緊張!?のなか母親に入学式に着た服を着せられ「汚さんときや」と
送り出されたのを思い出します。

ケーキやちらし寿司なんかを、いっぱい頂き大満足 皆ニコニコ
楽しい時間は、あっという間にすぎ「おばちゃん、ありがとう」と皆、家路に

私もご機嫌さんでの帰り道、緊張がほぐれたのか急に、おしっこがしたくなり
家まで、けっこう距離もあり我慢できそうもなくその辺ですませようとしました。
が、肝心のちっさいものがなかなかいつものように非常口から出てきません。
慣れない服でタイツまではかされ、苦戦している時思い出した!

そういえば・・・ねえちゃんのタイツ!お古のあれや!
非常口、もともとないやん、時すでに遅し・・・あー・・・

まさに、天国から地獄と途方にくれる一年生 しかし、天からのお助けが
雨が急にふりだしたのだ。ものすごい夕立で私はドボドボのずぶ濡れに

しめしめと私は胸を張り家に帰ったのだが、父親が私を見るなり大笑い
私「なんで笑うの?」父「お前、しょんべたれたやろ」私「たれてへんわい」
父「お前、おもいっきり湯気たっとるわな!」腹を抱えて笑う父

まあ、人生いろいろありますがな、笑っておくれやす。
お後が、よろしいようで、ほな今回はこのへんで。
[PR]
# by bossyamauchi | 2011-09-13 16:41
夏休み 子どもの頃は一年で一番楽しい時でした。
ところが、今は一年で一番疲れる時になりました・・・・・

しかし、親は子どものためなら がんばれるものである!
毎年 夏は、盛りだくさんのスケジュールとなるが今年はPTAのお役目もあり
すごいタイトな計画となった。

PTAの今年の目玉である行事は、それはそれは、たいへんな労力が求められた。
私は、本当に何も出来なかったがお母さん方の、がんばりには頭が下がるばかりです。
母は強し!すばらしいとしか言えません。本当にお疲れ様でした。
今年は毎年学校でやっているキャンプを少し変え、学校で学ぼうと題して不便生活の体験を
軸にした行事を開催したのである。今も、被災地では皆さん大変な生活を送られてます。
子どもたちには、日々の「当たり前」に感謝するよう伝えたつもりであります。
全ての関係者のおかげで、大成功となりました!ありがとうございました。
8月21日の京都新聞にも載せて頂きました。北小サイコー!!!本部サイコー!!!

ロータリーの二つのイベントも無事に終わり、家族旅行も無事サービス完了
私の家の一大イベントである大文字パーティー(これも朝からの準備で毎年腰が抜けそう)
も無事終わり、地蔵盆も無事終わり、なんとか今年の夏を乗り切る事ができました。

気がつくと、少し涼しくなりましたが皆さん、疲れは後からやってくるものです。
くれぐれも、お体にはご自愛ください。
[PR]
# by bossyamauchi | 2011-08-22 16:49