ブログトップ

他山の石

bossyk.exblog.jp

説教部屋へようこそ

この前 15年間使ってきた、弊社とおない年の"鞄"をなくしてしまった。
楽しかったこと 苦しかったこと 思い出がいっぱい詰まっていた。
最悪の気分になる・・・・・

数日後   私の誕生日、いい年こいて誕生日でもないのだが、当日は会社の会議で遅くなるので
翌日に家族が祝ってくれた。

まず 7月7日生まれの7歳の娘が、飛び出す絵本のようなバースデイカードを作ってくれた。
「大好きなパパへ」とケーキが飛び出してきた。最近メタボな私を気使ってくれたのか「食べすぎないように、いつまでもカッコイイパパでいてね」なんて書いてある。泣ける!あと何年そんな事言ってくれるのか・・・考えないようにします。    
ありがとう

次に 年は忘れたが、よく紙を食べるという あの干支の年の嫁が"鞄"をくれた、先日私といっしょに選んだものだが嬉しくて使うのがもったいない。  ありがとう

その次に 小6でサッカー小僧の次男からは、私が最近プリン体との戦いで押されぎみで、控えているスーパードライ500の缶 セロテープを貼ってマジックで「おめでとう パパへ」と書いてある.喉から涙がでそうになる・・・・ありがとう

最後に 私の息子としては少しおとなしい中一の長男が、本をくれた。
「トイレの神様」植村花菜さんの本である。以前 私が車の中で長男に「最近 ラジオで聞いていると自然に涙がでてしまう歌がある」と息子に話していたのを憶えていてくれたのだと思う。
この歌にも、この本にも、この息子にも、泣かされる・・・・ありがとう

人生いろいろあるけれど、捨てたもんやないで!いやなことのほうが多いかもしれんけど、生きてたら がんばってたら 必ずええことありまっせ!!!
やっぱり、小さな幸せが一番やな。
[PR]
# by bossyamauchi | 2010-10-06 16:47